雪道や未舗装道路など悪路走行に圧倒的な強さがある

自動車は4つの車輪を持っていますが、通常は前輪2つか後輪2つを駆動させているに過ぎません。しかし四輪駆動車は特殊な部品を装備することによって4つの車輪をすべて駆動させることが可能です。これを4WD(4 wheel drive)と称します。この4WDのメリットはどのようなところにあるのでしょうか。まず第一に指摘できるのは、雪道や未舗装道路など悪路走行に対して圧倒的な強さを誇ります。悪路とは結局のところタイヤと地面の摩擦力が少ない路面のことを指します。雪道は、ご想像のとおり、通常であればつるつる滑ってしまって、タイヤがうまく地面をグリップできない状態になりやすいのです。これと同様にひどい泥道や瓦礫ばかりの道、砂漠や豪雨で浸水した道路なども同様です。4WD車は力があるというようにみられがちですが、そうではなく、ひとつのエンジンの力を4つの車輪に上手に分配させることができ、それぞれの車輪が独立して駆動力を発揮できることから、滑りやすい路面でも路面を把握する力があるということなのです。ですから悪路においては、4WDだからと言って車の性能を過信せず、安全運転に心掛けなければならないことは言うまでもないことです。

コメントは受け付けていません。