車体の重さと燃費の悪さ

最近の省エネブームやエコブームやガソリンといった燃料費の高騰によって自動車の燃費にも関心が高まっています。
これはいろいろな要素によって悪くなったり、良くなったりしますが、基本的には自動車を常にいい状態に維持するためにメンテナンスを行うことが大切です。
例えばエンジンオイルの交換やミッションオイルの交換、エアクリーナーの交換とこのようなメンテナンスを行っておくことが大切です。
またもうひとつ大きな要素が走行の仕方です。やはり荒い運転はよくありません。
スムーズに発進してスムーズに停止することが大切です。やはりアクセルを強く踏み込むと燃料を多く消費してしまいます。
また停止するときも、例えば信号が赤になっているにも関わらず、ぎりぎりまでアクセルを踏んだ状態で停止するのはよくありません。
それともう一つ燃費に影響があるのが車体の重さなのです。
車を発進させるためには重たい車よりも軽い車のほうがパワーが必要ないので余分な燃料を消費しません。
車の中をもう一度見直して、トランクルームに日頃必要のないものを積みっぱなしにしていないか確認し、不要なものは積んでおかないようにします。
それだけで燃料の消費量が変わるのです。

コメントは受け付けていません。