路面により多くのパワーを伝えるシステム

4WDが雪道や山道を走る人に人気の理由にはどういったことのがあるのでしょうか。一つには4WDが路面により多くのパワーを伝えるシステムであるからです。より多くの、というと少し語弊があるかもしれません。例えばツルツルした氷の路面にいくら強大なパワーを加えてもタイヤはズルズルとスリップしてしまうだけです。つまりつるつる滑るような路面状況においても安全かつ確実に走行するためには4つの車輪すべてに適正な駆動力を分配して路面に伝えるということが重要なのです。これが前輪駆動車や後輪駆動車など前後のどちらかしか駆動できない仕組みの車では前輪、あるいは後輪がスリップしやすく安定しません。しかし4WD車は適正なトルクでしっかりと路面を保持し、悪路であってもどんどん突き進むことが可能になるのです。こうした性能は車の基本的な駆動方式そのものの性能によるものであって、前輪駆動車や後輪駆動車をいかにチューンアップしても獲得できるものではありません。だからといって、4WD車であればどんな悪路でも走破できるからどこに行っても安心だということにはなりません。極端な悪路ではやはりクルマは簡単にスタックして立ち往生してしまいます。ですからどのような場合ににも車を過信してはいけません。

コメントは受け付けていません。